TOP > 緊急時対応 

気象警報の発令による図書館の臨時閉館について

大阪府下のいずれかの地域に暴風警報又は特別警報(波浪特別警報,高潮特別警報を除く。)が発令されている場合、附属図書館は臨時閉館します。

【開館時間中に警報が発令された場合】
速やかに臨時閉館とします。

【開館時間前に警報が発令された場合】
 キャンパス警報解除時刻開館の取り扱い
柏原通年7:00 までに解除された場合通常どおり開館
10:30 までに解除された場合12:30から開館
天王寺開講期
10:30 までに解除された場合通常どおり開館
15:30 までに解除された場合17:30から開館
休講期7:00 までに解除された場合通常どおり開館
10:30 までに解除された場合12:30から開館

授業の休講や、大学のキャンパスルールにともない臨時閉館する場合もあります。
詳しくは大学ホームページをご覧ください。
◆交通機関の運休及び気象警報の発令による授業の取り扱い(大学ホームページ>在学生の方へ>キャンパスルール)
 

緊急時の避難等について

緊急時の避難等は、図書館職員の指示に従ってください。

火災が発生した場合は、非常ベルが鳴ります。

大きな地震の場合には、本棚等が倒れる恐れもあります。避難には揺れが収まったかどうか等にも注意してください。

 

本館

2階

2階からの避難

2階から1階への避難は、右図赤い矢印の階段(2ヶ所)をご利用ください。

中央階段は火災警報(非常ベル)が鳴ると同時に、自動的にシャッターが降ります。

非常時には中央階段をご利用にならないでください。

また、右図黄色で示したエリアには立ち入らないでください。

シャッターは非常に重量があり人間の力で持ち上げることは不可能です。


消火器・消火栓

は消火器、は消火栓を表しています。

※消火器が消火栓と一緒に収納されているタイプのものもあります。

 
 

1階

1階からの避難

非常時には、中央階段・入退館ゲートにシャッターが降ります。(右図黄色エリア)

ゲート両脇にある非常口から避難してください。

非常時には中央階段をご利用にならないでください。

非常口①の自動扉は緊急時に自動で開かない場合があります。

その場合は、非常口②③から屋外に避難できます。


消火器・消火栓・AED

は消火器、は消火栓、はAED(自動体外式除細動器)を表しています。

※消火器が消火栓と一緒に収納されているタイプのものもあります。

 
 

書庫 B1階(上層)

書庫 B1F(上層)からの避難

非常口は2ヶ所あります。

書庫を利用される場合は、あらかじめ位置をご確認ください。


消火器・消火栓

は消火器、は消火栓を表しています。

※消火器が消火栓と一緒に収納されているタイプのものもあります。


緊急通報ブザーと内線電話

入口付近に緊急通報ブザーと内線電話を設けてあり、

図書館職員に緊急事態を通報できるようになっています。

非常時にご利用ください。
緊急通報ブザーは、オレンジ色のカバーごと強く押してください。

内線電話には緊急時の連絡先電話番号を記載してあります。 





 
 

書庫 B2階(下層)

書庫 B2F(下層)からの避難

非常口は2ヶ所あります。

書庫を利用される場合は、あらかじめ位置をご確認ください。


消火器・消火栓

は消火器、は消火栓を表しています。

※消火器が消火栓と一緒に収納されているタイプのものもあります。


緊急通報ブザーと内線電話

入口付近に緊急通報ブザーと内線電話を設けてあり、

図書館職員に緊急事態を通報できるようになっています。

非常時にご利用ください。
緊急通報ブザーは、オレンジ色のカバーごと強く押してください。
内線電話には緊急時の連絡先電話番号を記載してあります。
 

 

分館

閲覧室からの避難

非常口は2ヶ所あります。あらかじめ位置をご確認ください。